スポンサードリンク

2008年07月07日

l-カルニチンはアミノ酸の一種

アミノ酸の一種に
l-カルニチンという物質があります。体内で生成されている微
量成分であり、脂肪を燃焼する機能に関係しています。脂肪は
ミトコンドリアという細胞に入ることで燃焼しますが、脂肪単
独のままでは入りません。ミトコンドリアに脂肪酸を入れるに
は、l-カルニチンが脂肪と結合した状態になければならないの
です。最近では、脂肪燃焼を助ける効果に期待
して、ダイエットの補助となるサプリメントとしてスポットが
当たっています。

カルニチンと

呼ばれるものには、l-カルニチン以外は塩化カルニチン、アセ
チルカルニチンなどがあります。代謝を助けている物質はl-カ
ルニチン
だけで、他のカルニチンは働きが異なります。

l-カルニチンは
体の中でアミノ酸から合成して作ることができる物質です。出
産期や成長期を除き、通常ではl-カルニチンを摂取する必要は
ありません。しかし、現代人の生活形態では不足しがちで、
10g/1日という合成量では足りないという話もあります。
肥満の人や、女性の方がより不足する傾向にあるようです。

サプリメントの摂取には、
日に500mgのl-カルニチンが的だというアメリカの研究も
あります。肉類にはl-カルニチンが豊富に含まれており、特に
マトンにはたくさんあります。赤貝やカツオ肉からも、補給が
可能です。
posted by アンチエイジングサプリメントを上手に摂る at 05:57 | TrackBack(1) | l-カルニチンはアミノ酸の一種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。